A STORE ROBOT "ART EXHIBITION"

アストアロボットでは店内のギャラリースペースを使用して各分野のスペシャリスト達による作品の展示を行なっています。 既存の美術館やアートスペースでは決してご覧頂けない展示物で皆様をお迎え致します。 アーティスト本人を迎えたレセプションパーティや各種グッズの販売等も随時行なっております。
※各アーティストのプロフィールは展示当時のものです。

記事一覧

NAO TAKEDA 1st Photo Exhibition「SMALL CANDY」

アップロードファイル 34-1.jpgアップロードファイル 34-2.jpgアップロードファイル 34-3.jpg

【2014年3月3日~3月30日】
今回はnao takedaが撮る写真の中でも、ポップな色彩感覚を持つ写真を多く展示する。普段はポートレート作品を得意とするが、今回主に視点を当てているのは、マクロな世界を切り取ったものや、抽象的かつ絵画的な写真作品である。
また、PLASTICZOOMSのアルバム【starbow】、【critical factor】で使われた写真や、7" SINGLE 【RAVEN】のイメージモデルalina rinの写真を展示するだけでなく、フロントマンsho asakawaが今回の展示イメージに合わせて描いた絵を撮り、写真作品として制作した。shoが描いた絵は缶バッジやキーホルダーとして、A STORE ROBOTで販売も行なう。

・NAO TAKEDAプロフィール
B型 東京生まれ。
2011年PLASTICZOOMSの専属カメラマンに抜擢され彼等のアーティスト写真、ステージ写真、CDジャケットの写真等を担当。
正方形の作品がトレードマーク。

  • 2014年02月25日

狂乱娼館 & 森田じみい 「ロンドン・パンク再訪」

アップロードファイル 33-1.jpgアップロードファイル 33-2.jpgアップロードファイル 33-3.jpg

【2014年1月20日~2月23日】
昨年1~2月開催の『狂乱娼館』回顧展に続くパンク展第2弾。
今回は「Seditionaries」「BOY」などのファッション、「Sniffin' Glue」をはじめとするファンジン(punk zine)類、「ZIGZAG」「iD」などの雑誌等、1970年代末ロンドンのパンク・シーンを彩ったオリジナル・アイテムを紹介。既成概念にNOをつきつけたファッション、今に伝わるzineの大きな源流のひとつともいえるファンジンなどに、パンク一色に染まった往時のロンドンの熱い息吹きを探る。併せて、当時のクラブやギグのフライヤー、チケットなど、とっておきのメモラビリアの数々も公開。

・『狂乱娼館』プロフィール
<メンバー>佐々玲子、鈴木敬子、田村優子、豊田菜穂子
上智大学在学中の1977年9月、ロンドンに渡り、折からのPUNKムーヴメントの洗礼を受ける。帰国後、東京・四谷にて『狂乱娼館』創刊。緑川姉妹による『BOREDOM』に次ぐ国内第2のPUNKファンジンとして、当時日本では入手困難だったロンドン、ニューヨーク、パリなどのPUNK情報を発信。79年6月までに5号発刊するとともに、雑誌「TARGET」「宝島」「ZOO」「Rock Magazine」などにPUNK関連記事を寄稿。大学卒業後、リストマニア企画を設立し、イラスト・ライター・企画編集活動を展開し、現在に至る。2013年1~2月にはアストアロボットにて『狂乱娼館』回顧展を開催。

・森田じみいプロフィール

東京都出身。武蔵野美術短期大学グラフィック・デザイン科卒業。イラストレーター及びロック評論家として活動。その後、コミック分野にも進出し、ロック・コミック『ROCKWROK』(東京三世社)を出版。後に、ニューヨークのハンター・カレッジに語学留学し、NYロックシーンを取材。帰国後、翻訳などのかたわら、ケルトの神話・伝説・民間伝承に関する取材旅行を重ね『英国、妖精と伝説の旅』(東京書籍)を出版。現在は主に銅版画家として活動。

  • 2014年01月11日

有川祐介「透明標本クリスタル」

アップロードファイル 32-1.jpgアップロードファイル 32-2.jpgアップロードファイル 32-3.jpg

【2013年11月18日〜12月15日】
生き物の美しさをあなたの目で実感してください!

・有川祐介プロフィール
2009年に「別冊宝島 驚異!透明標本いきもの図鑑」出版。当時はグリセリン封入の透明標本のみの作製であったが、現在は透明標本クリスタルとしてアクリル封入透明標本作製中。Facebookでも活動と、標本を紹介しています。www.facebook.com/alizarin.alcian

  • 2013年11月18日

師岡とおるのポスター展「DEE DEE IS A PUNK ROCKER!」

アップロードファイル 31-1.jpgアップロードファイル 31-2.jpgアップロードファイル 31-3.jpg

【2013年10月16日〜11月10日】
PUNKショップ「アストアロボット」にちなんで、自身の最も敬愛するPUNK ROCK HERO ディーディーラモーンをモチーフにしたオリジナルシルクスクリーンを描き下ろし!

・もろおかとおるプロフィール
イラストレーター/グラフィックデザイナー。
more rock art all名義で、さまざまな媒体でスタイルにとらわれない多彩なイラストレーションを描く。
マンガ、刺繍、グラフィック、コラム執筆など、幅広く活動。www.more-rock.jp

  • 2013年10月16日

ハマダミノル「アイアン・パトロール隊」

アップロードファイル 30-1.jpgアップロードファイル 30-2.jpgアップロードファイル 30-3.jpg

【2013年9月9日〜10月6日】
モンスター、メカニック、クリーチャーなどをモチーフにして3年前から描き溜めてきたデジタル作品20点余りを一挙に公開。
破壊と構築を繰り返す集積した金属の塊が織りなす異形の生命体を濃厚なタッチで描きました。*展示作品の購入も可能です。

・ハマダミノル プロフィール
東京都三鷹市出身
阿佐ヶ谷美術専門学校 卒業後いくつかの会社を転々としたのち、フリーのイラストレーターに。
お子様向けからアダルト層まで濃厚でノスタルジックなタッチのイラストレーションを雑誌、書籍、web、児童書など、あらゆる媒体に展開しています。
プロフェッショナル・イラストレーター集団 イラストレーターズ通信会員。illustrators.jp

  • 2013年09月09日

パパシャ・ヨコカワ写真展「東京・猫池」

アップロードファイル 29-1.jpgアップロードファイル 29-2.jpgアップロードファイル 29-3.jpg

【2013年8月5日〜9月1日】
神宮前の杜の中、“神池”の畔に暮らしていた隻眼の雌猫「カタメさん」。初めて彼女に出会った1987年から、死期を悟って、すっと姿を消してしまった1998年夏までの10余年、「カタメさん」とその子どもたち、仲間たちがたくましくも愛らしく生きる様を撮り続けた“異形の愛”の記録を初展示して追悼します。

・パパシャ・ヨコカワ プロフィール
ルーツは北信濃・飯山。ネコとマダムをリスペクトする60歳。30年の漫画編集者を経てフリー。2006年に大嶋賢洋、曽根陽一両氏と3人で写真同人誌『DRUG(ドルーク)』を発刊。現在、23号まで刊行中。写真集に『東京・猫池』(2007年)、『東京マッチボックス』(2008年)、『東京テリーヌ』(2009年)、『東京マダム菩薩』(2013年)がある。

  • 2013年08月05日

Copyright (C)A STORE ROBOT. All Rights Reserved.